スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「トンイ」と「チャン・オクチョン」で混乱(笑) 
すっかり出遅れてしまった2015年・・・^^;
しかも更新もまた1ヶ月以上あいちゃったし・・・(汗)。

ご挨拶が遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします^^


さて、新年最初は久々の韓ドラネタ。
それはタイトルにあるように「トンイ」と「チャン・オクチョン」。

同じ時代に生きた人たちをそれぞれ違う視点(主役)で描かれたドラマ。

今更ですが一応リンクを・・・

「トンイ」のドラマ紹介 ・ 韓国公式HP

「チャン・オクチョン 愛に生きる」のドラマ紹介 ・ 韓国公式HP

つか、いきなりの苦手な史劇!
しかも全然最新のじゃないやつ^^;

というのも、先日撮り溜めていたBS版「チャン・オクチョン 愛に生きる」を見終わりまして・・・。


って散々「韓ドラ全然見てない~!」って言っていたのに「見てたんかいっ!」って感じですが、実は旦那さん(←史劇好き)が見ていたのを、私はなんとなーく時々(かいっ!)ながら見していた、という程度の超テキトー視聴・・・^^;

それでもとりあえず一応見終わりました。

で、どうしても叫ばずにはいられない(笑)ことが。

それは・・・

トンイのキャラが違い過ぎるー!!

つか

正反対すぎるだろーっ!!!

っと(笑)。

ちなみにドラマ「トンイ」は数年前にNHKで放送されていたのをこれまた「テキトーにながら見」(笑)。
言わずと知れたヒョジュちゃんですね~。(ってヒョジュちゃんは最近どうしてるんだろう・・・?何かに出てる?あ、ちょっと前に相葉ちゃんの映画に出演ってのは、街中のポスターを見て知って超驚いたけど!@そんくらい今韓国情報に弱い・・・大汗)

トンイ@ハン・ヒョジュはそれはそれはいかにもな「ザ・ヒロイン@韓ドラ」な感じでしたけど、「チャン・オクチョン」でのトンイ@ハン・スンヨン@カラはそれはもう嫌~なキャラで!

そりゃ「トンイ」では主役で「チャン・オクチョン」では脇役だからってのもあって、視点の違いもあるだろうけど、それにしても違い過ぎでもう困惑、混乱(笑)。

王様(チ・ジニ&ユ・アイン)との関係も全然違うし、どうなってんの~?
って、思ってチラッと(本当にチラッと!)ググってみたら、「トンイ」でのトンイ像はノンフィクであくまでも「ドラマ」だったと知り驚愕@今さら?^^;

あんなに長編で超大作だったから、てっきり史実に基づいたお話だと思っていたよー(大汗)。
まぁ、だからと言って「チャン・オクチョン」でのあの嫌な感じのトンイがフィクションってわけでもないんだろうけど。

でもあれ、「トンイ」を見てトンイに思い入れのある人が「チャン・オクチョン」を見たらショックを受けるんじゃないのかなぁ~。(それはある意味私!笑)

いやぁ~、結局は「ドラマはドラマ」ってことかぁ~っと今更すぎることを改めて思った年明けでした(笑)。

そして、トンイ、チャン・オクチョンの視点からのドラマを見た今、今度はイニョン王妃の視点(主役)のドラマがあったら見てみたいなー(ってどうせ「ながら見」になるだろうけど^^;)と思って、これまたチェックしてみたら「イニョン王妃の男」なるドラマがあるじゃないですかっ!!

あ、「イニョン王妃の男」だからメインは「男」の方であってイニョン王妃ではないのか・・・と思いつつ調べたら・・・

あれま!
これは史劇ではなくタイムトリップものだったようで・・・^^;

あ、これってユ・インナとチ・ヒョヌが付き合うきっかけになったドラマ?
と、思ってまたまた調べたら(←情報に疎いからこんなんばっか^^;)、そうだったみたいだけど、もうお別れしちゃってたのか・・・。

ま、それは置いといて。
お堅い史劇じゃないけど、このタイムトリップの「イニョン王妃の男」、これはこれで面白そうだな~♪
気になる気になる^^

あらすじだけざくっと読んだら「屋根裏部屋の皇太子」みたいな感じ?
でもこれ以上はネタバレ怖くて調べられない(笑)。

っと、まぁ、新年早々、全然旬じゃない数年前の韓ドラについてあれこれ書きたくなった私なのでしたっ(汗)。

それにしても「チャン・オクチョン」では王様@ユ・アインとオクチョン@キム・テヒ、そして王様@ユ・アインと王妃様@ホン・スヒョンの年齢差が気になったー!@韓ドラあるある!(笑)

ということで、意外にも(?)、史劇韓ドラネタから始まった2015年、果たして今年は何本韓ドラを見られるか?^^(たとえ「ながら見」でも!笑)
韓ドラに限らず、色々と韓国エンタメを楽しめる年だと良いなぁ♪^^

今年もゆっくりのんびりとした更新ペースになるかと思いますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします^^
関連記事
Comment To This Entry
今年もよろしくお願いします♪

お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。

トンイ、私も母が観てるのを横目に見てました~。
ながら見したら、本気で観なくなるのはなぜだろう(笑)
トンイのキャラ、フィクションだったとは!
チャン・オクチョンは、観ないと思いますが、
イニョン王妃の男は、面白かったです。チ・ヒョヌくんって何気に好きですし、ユ・インナちゃんもかわいいし。
機会があったら、観てみてくださいね。

mariさんは、最近どんな本を読まれてるんですか?
私は、最近というか2冊目なんですが、さだ まさしさんの作品がいいなと思っています。読みやすいし、少しほろっとくるので。
またおすすめの本があったら、教えてくださいね☆

from あやっぺ

イニョン王妃の男

はじめまして。
初めてコメントさせていただきます。

「イニョン王妃の男」是非みてください〜。
オススメです。
私は人気の屋根部屋の皇太子にははまれず、
でもおなじタイムスリップもののこちらははまりました。
両方見ていただいての感想もきいてみたいです〜。

from かりん

あやっぺさんへ♪

お久しぶりです♪
今年もどうぞよろしくお願いします^^

ながら見って一度そうなっちゃうともう後はなし崩しでだらだら~ですよね(笑)。
「イニョン王妃の男」ご覧になっていたんですね~。
面白かったと聞くとますます興味がわきます!
時間を見つけてこれは見なくちゃ!

本は、最近は全然読めてないんですよ~(^^;)
さだまさしさん、心に留めておきますね♪
教えてくださってありがとうございます^^

from mari

かりんさんへ♪

はじめまして^^
初コメとっても嬉しいです♪

「イニョン王妃の男」オススメなんですね~!
これはますます気になってきました!(笑)

「屋根部屋~」の方は私は、序盤は面白く見ていたんですが、途中から波に乗れずにまたもやながら見になっちゃったという記憶が・・・^^;

果たして「イニョン王妃~」の方はどうなるか~?ふふ^^
最後まで楽しめると良いなぁ~♪

初コメ、どうもありがとうございました♪^^

from mari

イニョン王妃の男、良かったです

こんにちは!ご無沙汰してます。
さてトンイは母と一緒に見ていて激ハマり(笑)しました。
チャンオクチョンは噂は聞きましたが見ないでしょう。

さてイニョン王妃の男は良かったです。
タイムスリップものって元いた世界と、
こっちの世界にできた人間関係とか色々
戻るか残るかとかあるでしょ?
そういうのがうまく処理?されてたようで
面白かったですねー♪

OSTを買ったらドラマの重要アイテムの
お札がオマケに付いてました(笑)

from けいこ

けいこさんへ♪

こんにちは~!お久しぶりです^^
トンイ、激ハマりでしたか!
それならば予定通りチャンオクチョンは見ない方が良いかも(笑)。
トンイ@チャンオクチョン、めっちゃ嫌なキャラですから!(爆)

「イニョン王妃の男」やはりオススメなんですね~♪
もう期待満々です!!
お札が重要アイテムなんですね~。
見る際には「御札」に注意しながら見たいと思いますっ!
つか、OSTにお札って!(笑)

from mari

   非公開コメント  
Kimamani・・・^^
◆過去記事への拍手等、本当にいつもありがとうございます^^
ずっと前のドラマへの拍手コメもすべてありがたい気持ちで嬉しく読ませていただいております♪そしてそのたびに、当時の熱い(笑)気持ちを思い出したりもしてます(笑)。



ここ↑へのコメントはこちらに♪
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Profile

mari

  • mariと申します^^
  • 韓ドラの視聴感想などを気ままにマイペースで書いてます。
    んが、韓国語理解力はへぼへぼなため意訳しまくり&解釈違い多々ありの可能性大です^^;

    ※コメントは承認制となっておりますので投稿後すぐには表示されません。
    尚、不適切・不快なコメントは削除させて頂きます。

    ※ドラマ感想記事に関しては各記事より後の回のネタばれコメントはご遠慮いただきますようお願いします^^

    ※画像等の版権は各出処のサイトにあります。
Search
*******
CopyRight © 2005-2017 気ままに・・・☆7☆ All Rights Reserved.
Template by Il mio diario / Image by web*citron / ヒバナ
Powered by FC2BLOG /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。