スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「君を愛した時間」#1 
もう7月っ!!
2015年も半分が過ぎちゃったとはっ!!
というか・・・・5月6月と一度も更新出来ず、二ヶ月以上ぶりの更新・・・・(大汗)。
その間、過去記事に拍手&拍手コメをくださった皆様、本当に、本当にどうもありがとうございます!^^
BS等で見た韓ドラネタやら、例のヒョンとトンセンの二人組のことやら書きたいことは多々あった(ある@現在進行形)んですがなんとなく書きそびれて気が付けば2ヶ月以上も経ってしまってました・・・・。

で、今回浮上したのは・・・(ってタイトル見れば一目瞭然だけど!笑)

ひっっっっさしぶりに見始めました、
リアルタイム韓ドラ。


ハ・ジウォンとイ・ジヌクの「君を愛した時間」。
「ノルル(君を) サランハン(愛した) シガン(時間)」を略して「ノサシ」と呼ばれているみたいですね~。

韓国SBS公式ドラマHPはこちら

日本語のドラマ紹介はこちらinnolifeさん。


このドラマは、この二人が主役演じるって知った時からぜひ見たい~!いや、絶対見ようと思っていました。(とは言ってもそれを知ったのはドラマ始まるちょっと前だけど@相変わらず情報に疎い^^;)

それにしても、リアル韓ドラが久しぶりすぎていつ以来だ?と思って自分のブログを遡って見たら、ミンジョンの「ずる賢いバツイチ女」以来だった。@約一年ぶり!@あれ?思ったよりも意外と久しぶりでもない?(←もう自分の中ではリアル韓ドラを5年ぐらい見ていない感覚だったもんで^^;)

で、偶然にも今回のドラマと脚本家が一緒だったってのにビックリ!@運命かっ?(何の?笑)

で、初回がかな~り良い感じだったのでとりあえずブログのリハビリ(?)がてら自分の忘備録的に書いていこうかと・・。(どこまで続くかはまた別の問題・・・^^;)

では1話。


ハ・ジウォンが演じるオ・ハナは靴ブランドの職場でマーケティングチームのチーム長を任されている。

『17歳の私は二十歳の私を思い描き、二十歳の私は三十路の私を思い描いていた。
いつの間にか三十路も飛び越えた今は、むしろ私は17歳の私を、二十歳の私を何度も顧みる。
そうすればするほど、鮮明になる現実。
見たくないのに見えるシワ。
蝋燭でもないのに減っていく髪の量。
何も悪いことしていないのに、これ見よがしに舞い込む結婚督促状、独身警告状・・・』

34歳、独身。

夢の中で女子高生に「アジュンマ」呼ばわりされて大ショッキングなハナ。

そんな目覚めの悪い朝、仕事ではホームショッピングで新製品の靴のお披露目会を予定していたタレントがドタキャンというトラブルでハナはさらにイライラ。

そんなハナに彼氏ホジュンから花束のプレゼント。
メッセージカードには『誕生日おめでとう、ハナっし。ホジュンより』と。

その後も続々と友人たちからお祝いのメッセージが。
その中の一人、イ・ジヌクが演じるチェ・ウォン。職業は客室乗務員。

「オ・ハナ、34歳の誕生日本当におめでとう。自虐したりとかしてないだろうな?よせよ~。頑張れ。俺にとってお前は永遠に17歳のオ・ハナだから。」

ハナとウォンは家が隣同士で幼馴染、同級生。
毎朝、トーストを賭けてのあっち向いてホイ勝負(笑)。
かわいいな^^
そしていつも一緒に登校していたのか~^^

(二人とも制服姿にあんまり違和感ないなー。)

映画監督を夢見ているウォンは、自分がカンヌ映画祭に行くときに、飛行機が乱気流にあって無人島に不時着してしまったらどうしよう?今からでもサバイバル技術を習得すべきか?・・・・と真剣に悩みをハナに相談。
そんなウォンに呆れるハナ(笑)。

そうやって昔のことを思い出していたハナはふと彼氏ホジュンからのメッセージカードに疑問が湧く。

「これだけ?あまりにもシンプルだけど?」

と。

そこでハナはウォンに電話。
誕生日祝いの礼を言うハナにウォンは・・・・

「34歳にもなって大変だろ?歳とって。」
「歳のことで攻撃するのはやめて。あなただって来年になればすぐ35歳よ。」
「攻撃じゃなくて心配だ。男の34歳と女の34歳は明らかに違う!俺じゃなければ誰がお前にこんな忠告をしてくれる?よく聞けよ。ハナや、とりあえず高麗人参は食べているか?お前もそろそろ内面を管理するときだ。」

・・・等々、からかってハナをイラつかせることばかり言うウォン(笑)。
そんなウォンにハナも負けじと応戦。

「チェ・ウォン、あなたこそ、私の言うこと良く聞きなさいよ。私にはよくできた完璧な彼氏がいるけど、あなたは3年間彼女なしなだけじゃなく、これからも出来そうにないから。」等々・・・。

「免税店でアイクリームを買ってきて」というハナにウォンは「アイクリーム中毒者め!」と(笑)。
いやいや、大切だからね!アイクリームは!(笑)

いつものごとくあーだこーだと言い合う二人だけど、ハナが真面目に話すんだよね。

「・・・・ウォナ、彼氏が誕生日カードに『サランヘ』を省いて『誕生日おめでとう』とだけ書いてきてちょっと落ち込んでるの・・。これってオーバーかな?」
「・・・・いいや。」
「それじゃ?・・・冷めたのかな?」
「冷めたのか、って思わせといてプロポーズ!!!とかじゃないか?そいつはやり手だな、やり手!」

との言葉を聞いて、励まされるハナ。

ところが、彼氏に会ったハナは、突然「俺、結婚するんだ・・・。」と別れ話をされ振られる羽目に。
ハナと結婚の約束をしていたはずのホジュンは実は二股をかけていて、その彼女が妊娠三ヶ月だとか!

オマイガーッ!

ホジュンはハナが怖くて気が弱い自分は言い出せなかった、と(笑)。←笑ってる場合じゃないけど。

ホジュンのその相手が同じ社内のデザインチームの若い女子ミンジと知ったハナは、会議で彼女のデザインにダメだし!
デザインについてダメだしし、材料費に関してダメだしし、最終的には「なんとなくただ気に入らないわ!」と(笑)。

怖ぇ~(笑)。
でも好きよ♡ハナのキャラ(笑)。


仕事を終えたウォンが帰宅すると、自宅前に酔っ払ったハナが。

「今、私たちは飛行機に乗ってベニスに向かってるの。・・・・覚えてる?」

と、話し出すハナ。

「だけど、乱気流に巻き込まれて非常事態になるの。飛行機は墜落して、無人島に不時着するの。・・・・覚えてる、でしょ?」
「・・・・・あぁ。でもハナお前、どうしたんだ?ホジュンしと何かあったのか?」
「全部あなたのせいよ。私が、賢くてかわいいって噂のオ・ハナがろくでもない奴ばかりと付き合って、ろくでもなく振られるのは全部あなたのせいよっ!このろくでなし野郎!!」

ここで二人が18歳の春にフラッシュバック。

【18歳・春】

親友ナヨンにウォンのことを好きじゃないのか?と聞かれたハナはきっぱり否定。
するとナヨンに「ウォンのことが好きだから協力して。」と言われ、プレゼントを渡すよう頼まれる。

その頃、ウォンは自分の部屋の本棚の後ろに埋もれていた詩集本「片目の魚の愛」を見つけ、考え込む。

『・・・・・大丈夫・・・大丈夫だ・・・・できる・・・大丈夫・・・・。』

何かを自分に言い聞かせるウォン。

何だろ・・・・
何かあるんだろうね・・・。

ナヨンからの頼まれ物をウォンに渡しに会いに来たハナ。

ハート模様の紙袋を差し出し、「受け取ればわかるから。これは誰からでしょ~?私じゃなければ~」と言うハナにウォンは話し出す。

「オ・ハナ、今俺たちは飛行機に乗ってベニスに向かっている。俺は映画祭に招待され、お前はただ偶然同じ飛行機に乗り合わせた。ところが乱気流に巻き込まれて飛行機が大揺れして無人島に墜落したんだ。他の人は皆死んで、俺とオ・ハナお前だけが生き残った。俺たち二人だけ。それでその無人島で俺たち二人で暮らしていくんだ、死ぬまで。それでも絶対お前とは付き合わない。」
「・・・・・え?」
「無人島に落っこちても絶対お前を愛したりはしないって言ったんだ。一生。」
「・・・・・・・あ、そう・・・。良かった・・。良かったけど・・・・頭に来る!どうして?どうして愛せないの?」

それには答えず、贈り物を突き返して行ってしまうウォン。

「ちょっとチェ・ウォン!私だってあなたが嫌いよ!無人島じゃなく北極、南極、砂漠、海に落ちても絶対あなたとは付き合わないわよっ!それにこれは私じゃなくてナヨンからなんだけど!ほんっと呆れるっ!」


【現在】

「ウォニのろくでもないあの言葉が呪いになった・・・。」
「そんなの話になるか?オ・ハナ。いったいお前彼氏と何があった―」
「どうして?どうして私を愛せないの?私が言いたいのは、愛してくれたらいいなってことじゃなくて、私のどこが問題で愛せないのかって聞いてるの!何よ?メンドクサイから?気が強いから?それとも単に気に入らないから?それならあなたたちはどれほど素晴らしいのよっっっ!?酷い奴っ!覚えておきなさいよ!私が同じように仕返ししてやる!!」

と、くだをまきまくる酔っ払いハナ(笑)。
そしてわけのわからないままのウォン。

ハナのオモニに夕食に招かれたウォン。
お隣さん同士、仲良しなんだね^^
ハナの誕生日にオモニが御馳走をたくさん用意したわけだけど、酔っ払いハナは食べずになぜかお隣のウォンが食べているという状態(笑)。

ハナの弟から、ハナの彼氏ホジュンが他の女性と結婚するということを知ったウォン。

「・・・・・・あいつ・・・言ってくれればよかったのに・・・・。」


ホジュンの結婚式当日。

重い足取りで式場に向かうハナの目の前に現れたウォン。
ハナの新しい彼氏役をしてやる!、と言うウォンに引きずられて(笑)式場に入るハナ。

一人で新婦ミンジに挨拶をしに行ったハナは「正直、お祝いすることはできない。」と言いつつも、こないだのプレゼンでの靴のデザインに対して的確なアドバイスをしてあげる。

そんなハナにミンジも感謝し、とりあえずは穏やかにオトナな対面を終えた二人。

だけど。

その頃、トイレに行っていたウォンはそこでホジュンが義父にハナのことを「一方的にしつこく追いかけて来ていた女、迷惑女」呼ばわりしているのを聞き、殴ってしまう。

大騒ぎになる式場。

何も悪くはないのに、騒ぎを起こしたことに謝り続けるハナ。

ここつらかったー(>_<)。
惨めな立場になっちゃったハナの気持もそうだし、ハナのために思わずカッとなって殴っちゃったウォンだけど、それがハナの立場を余計悪くしてしまったウォンの気持も・・・。

それにしてもウォンはハナのことよくわかってるよなー。
怒りながら歩き続けたハナが何度立ち止まったら振り返るかってことまで把握してるなんてすごくない?(笑)

大恥をかかせられたハナはウォンに怒り心頭。

「何なの、あなた?気でも狂ったの?私が恥をかくのを見たくてああしたの?チェ・ウォン、本当に呆れる!私があそこへどんな気持ちで行ったのかわからないの?会社の人たちが、若い女に彼氏取られたって噂しているのを知りながら、プライドを守るために死にそうに恥ずかしいのを堪えてやっとの思いで行ったのに!会社の人たちの前で私の顔に泥を塗るの?」
「お前の顔に泥を塗ったのは俺じゃなくてあの野郎だろっ!?」
「私がいつ復讐してくれって言った?」
「それなら最初からあんなろくでもない奴のことで俺の前で泣いたりするなよっ!」
「わかったわよ!行かなければいいんでしょ!これからは絶対あなたを訪ねたりしないから!心配しないで!」
「あぁ!頼むからそうしてくれ。それから最後に一つ忠告してやるけど、しっかりしろよ、お前!34歳にもなったならそれらしくしろって!」

と、喧嘩別れ・・・・
と、思いきや、バスの中でうたた寝しちゃうウォンを見て笑っちゃうハナだったりするんだよね~^^

互いに無言のまま帰途につき、最後・・・

「ウォナ。」と声をかけるハナ。

それに対してこっそりにやけつつも怒った表情のまま振り返るウォン(笑)。

「何だよ?」
「ありがとう。それなりにカタルシスを感じたよ。」

そして笑い合って、二人は辛~いチキンを食べて仲直りっと(笑)。

「今度は絶対良い男と付き合えよ。」
「私、今度は本当の本当に良い男と付き合わないと!背も高くて!ううん、背は関係ない。顔も関係ない。・・・・・無条件で善良な男。善良な男が最高だと思う。・・・・・でしょ?」

と、近距離で見つめ合ってちょっと良い雰囲気になりそう~と思ったら、「鶏クサイっ!」とハナを突き放すウォン(笑)。←ありがちな展開(笑)。

「ウォナ、あなたはどんな女性と付き合いたい?」
「俺はスジ!いやいやいや、IU?」
「・・・・アジョッシ!ちょっとしっかりしなさいよ。」
「オ・ハナ、俺たち賭けしようか?」
「どんな?」
「35歳までに先に結婚した方がお金をもらえる!」
「良いね良いね!いくら?」
「50万ウォン?」
「ちょっと!男のくせにそんな少額を何に使うの?500万ウォン!どう?お金がないならやめたら?」
「誰がないって?俺はモテるんだぞ!」

と、ここでもまた互いに負けず嫌いであーだこーだ言い合って、17歳の春にフラッシュバック。

【17歳・春】

クラスの女子たちの人気投票で断トツ1位になったウォンのことを思い出しながら雨の中帰宅するハナ。
すると向こう側から傘もささずにずぶ濡れで帰ってくるウォン。

「ウォナ!もう聞いたのね?人気投票で1位になったからってかっこつけてるの?ウォナ、それは無人島に飛行機が落ちても、誰も死なない奇跡のような・・・・・・どうしたの?何かあったの?」

「・・・・・・・・・・俺がお前を愛することは・・・・ない・・・。」
「・・・・???え?何??どういうこと?チェ・ウォン!!!!」

そのまま背を向けて行ってしまうウォンで、つづく。

つーか、最後の雨の音が煩すぎてウォンの台詞がききとりにくいっつーのぉー!←韓ドラあるある・・・(笑)。
関連記事
Comment To This Entry
   非公開コメント  
Kimamani・・・^^
◆過去記事への拍手等、本当にいつもありがとうございます^^
ずっと前のドラマへの拍手コメもすべてありがたい気持ちで嬉しく読ませていただいております♪そしてそのたびに、当時の熱い(笑)気持ちを思い出したりもしてます(笑)。



ここ↑へのコメントはこちらに♪
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Profile

mari

  • mariと申します^^
  • 韓ドラの視聴感想などを気ままにマイペースで書いてます。
    んが、韓国語理解力はへぼへぼなため意訳しまくり&解釈違い多々ありの可能性大です^^;

    ※コメントは承認制となっておりますので投稿後すぐには表示されません。
    尚、不適切・不快なコメントは削除させて頂きます。

    ※ドラマ感想記事に関しては各記事より後の回のネタばれコメントはご遠慮いただきますようお願いします^^

    ※画像等の版権は各出処のサイトにあります。
Search
*******
CopyRight © 2005-2017 気ままに・・・☆7☆ All Rights Reserved.
Template by Il mio diario / Image by web*citron / ヒバナ
Powered by FC2BLOG /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。