スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「君を愛した時間」#9 
なんというか……
こういう展開になるってわかってはいたけど、それでもテンション下がるな(爆)。


正直、ドラマよりもメイキング映像の方が楽しみになってきてるし!(笑)

では9話。


ウサギエピを思い出しだハナ(ハ・ジウォン)はアジトで待っているウォン(イ・ジヌク)に『今日は遅くなるから宝探しはまた今度』とメッセージを送り、ソフのところへ。

そしてソフに「私の記憶の中であなたはただ『傷』なだけ。絶対に二度と思い出したくない!」と怒りをぶつけ突っぱねる……ものの、「それなら今からまた始めよう。これからは絶対傷つけない。」とソフに言われてちょっと心揺らいじゃってる感じだよなぁ。

アジトでハナを待っている間に雨に降られたウォンは発熱。

で、ハナが魚のお粥を作って看病するんだけど、そのお粥が壊滅的な味のようで(笑)。
まず、ウォンは見ただけで「これは食べられるのか……?」と言い、一口食べては「醤油。」と注文つけ、二口目には「海苔!」とさらに注文つけ、三口目には「ティッシュ!」と言い出し、ハナに「もう食べるな!」と怒られる。
すると、ウォンは率直に「食べない。おししくない。」と言い、そのうえ「俺は牛肉粥が好きなんだ。」とまで(笑)。

で、またいがみ合う二人(笑)。

でも、なんだかんだ言いつつ、一晩中ウォンのそばで看病し続けるハナ。→そのまま自分が爆睡(笑)。

しっかし、ハナ、料理も壊滅的だけど、散らかしようもすごいぞ!

でも、そんなまっずいお粥を「本当にマズイな……」と言いつつも一人こっそり食べているウォン^^
病み上がりなのに後片付けもして、さらにはジョギングまでしてるんですけど!!@そんなにハナの看病が効いたのか?

そのくせ、ハナに「私が作ったお粥全部食べたの?」と聞かれると「全部捨てた。」と嘘を答えるウォン。
さらに昨夜のアジトの宝物は何だったのかと聞かれると「アイスクリーム」とまた嘘を。
そしてそれを全部自分で食べた、と。
それでお腹壊して熱が出たんじゃないのか、と思うハナ。

違うのにぃー!
ハナはいつになったらウォンの優しい嘘たちに気付くのやら……




ハナは相変わらずソフに拒否姿勢を貫こうとはしているものの、コラボプロジェクトを続けるうちに、ソフの押しの強さもあって徐々に気持ちが軟化していく@ちぇっ。



ハナが毎朝ジョギングしていることを知って、堂々と割り込んできたソフ。

ソフはウォンに、自分がハナに本気であることを告げる。
そして「今はハナが俺の言葉よりお前の言葉を信じているみたいだから、俺が努力をしている。ひとまず、今は敵になるのはよそう。」と。
それに対してウォンは「お前が何をしようが俺は気に食わない。ハナが二度と傷つかないことがお前と俺が敵にならない唯一の道だ。」と。

さらに「オ・ハナとどういう関係だ?」と聞くソフ。

「その質問はもううんざりだ。」
「なかなか答えてくれないから。俺がハナとまたやり直すのに、お前が相変わらず俺たちの間に入ってくるから。」
「俺は相変わらずお前たちがどんな関係なのか関心ない。」
「お前が感心あるのはオ・ハナだけだろ?それなら俺が3年前に婚約式に行ったのにどうして姿を現さなかったのか聞くべきだろ?あの日、お前が見たのは俺が現れなかった婚約式で、俺が見たのは俺の婚約者が他の男の胸に抱きしめられて泣いている姿だった。誰がより腹が立つと思う?」(は?来なかったお前が悪いんじゃんか!)
「何か錯覚しているようだけど、ハナがお前を信じられない理由がただあの日、お前が現れなかったせいか?卑怯者。お前は最初からハナのそばにいる資格のない奴だった。」
「お前がハナのチングならはっきりしろ。俺はハナにもっと近づくから。お前はそのままそこにいろ。」

っと、まぁ、男同士火花ですな、またもや。
というか、そんな男二人を置き去りにして先に帰っちゃったハナの流れに違和感アリアリ(汗)。



ソウンに演奏会に誘われたウォン。
今回がダメなら次回時間のあるときに、と言われるもののウォンは「次回も時間はない。ごめん。」とはっきりと断わる。

ソウンはいつになったら諦めるんでしょ?^^;



ミヒャンから、ウォンが海外研修を断ったことを聞き、驚いたハナはウォンと会うことに。

「研修行かないことにしたんだって?」
「うん。」
「良いチャンスだって言ってたじゃない。」
「ハナや。」
「うん?」
「ハナや……俺はお前と一生遊ぶことができそうにない。お前と一生友達ではいられない。俺にとってチャンスはここにあるみたいだ。お前の味方になってやれなくてごめん。」

そう告白してネックレスをハナに差し出すウォン。
そして驚くハナ……。



ハナはソフと、彼の師匠の公演へ。
その際、笑顔でソフと話しているハナに超違和感~!(爆)
ハナや、いつの間にソフの前でそんな笑顔ができるようになったんだい?^^;

違和感と言えば、ソフと師匠が仲良さそうに話してたのも!
ソフは師匠にハナのことを「僕の好きな人です。」だなんて紹介してたけど、こないだ師匠とはスポンサーどうのこうので気まずい状態になってなかったっけ?^^;

それにしても、やたらとハナにスキンシップしてくるソフがどうも受け付けられません……(爆)
というか、ソフが何をしても受け付けられないんだけども!@ウォンと一緒の気持ちです!(笑)

でもハナはそんなソフを突っぱね切れないんだよねぇ~^^;



ウォンに会ったハナは「話があるの。」と。

「……チェ・ウォン、チャ・ソフは私にとって選択じゃなった。始まりも別れも。チャ・ソフがまた戻ってきた時、私は選択できると思っていた。でも、私はまた選択できない。私はチャ・ソフを追い出すことができない……。」
「……オ・ハナ、これからはお前が誰かと一緒にいるようになったら俺たちは変わると思う。

俺たちは陳腐な仲にはならない。俺はお前が誰を愛してもお前の味方になれるように時間が必要だし、お前は俺なしに考える時間が必要だ。今、俺たちはそういう仲だ。……俺、旅行に行く。7年以上飛行しながらもちゃんと旅行したことがないんだ。毎日誰かをどこかに連れて行ってばかりで、自分が本当にどこかに行ったことがない。」

ウォンの言葉を聞いて涙してしまうハナ。

そしてそんなハナを抱きしめるウォン。

「……大丈夫だよ。ネックレスは俺たちの17年間の友情のご褒美とでも思おう。」

最後まで優しい笑顔でそう話すウォン。

でも。
ハナに背を向けて歩き出したウォンの頬には涙……。

あぁ………ウォナ……(涙)。



そして1ヶ月後。←出た、必殺韓ドラ時間経過(笑)。

ソフとよりを戻したハナ@ちぇっ。
こういう展開になるってわかってはいたけど、今後はしばらくこの二人のシーンが増えるのかと思うと憂鬱(爆)。
つーか、ハナ、表情が全然幸せそうじゃないんですけど?^^;



チョンミとチャンスの結婚式当日。
なかなか姿を現さないウォンを気にするハナ。
で、ハナがウォンに電話しようとしたその時、遅れてやってきたウォン。

「チェ・ウォン!」
「ちょっと遅れただろ?」

そう笑顔で向き合う二人で……つづく。



エピローグ。
ウォンにネックレスの返事をした後のハナの独白。

『あまりにも長いこと並んで横にいたから、その表情が変わっていることに気が付けなかった。もしかしたらそれに気が付いてしまうかもしれないから一度も向き合わなかったのかもしれない……。』

エピローグ終わり。
関連記事
Comment To This Entry
   非公開コメント  
Kimamani・・・^^
◆過去記事への拍手等、本当にいつもありがとうございます^^
ずっと前のドラマへの拍手コメもすべてありがたい気持ちで嬉しく読ませていただいております♪そしてそのたびに、当時の熱い(笑)気持ちを思い出したりもしてます(笑)。



ここ↑へのコメントはこちらに♪
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Profile

mari

  • mariと申します^^
  • 韓ドラの視聴感想などを気ままにマイペースで書いてます。
    んが、韓国語理解力はへぼへぼなため意訳しまくり&解釈違い多々ありの可能性大です^^;

    ※コメントは承認制となっておりますので投稿後すぐには表示されません。
    尚、不適切・不快なコメントは削除させて頂きます。

    ※ドラマ感想記事に関しては各記事より後の回のネタばれコメントはご遠慮いただきますようお願いします^^

    ※画像等の版権は各出処のサイトにあります。
Search
*******
CopyRight © 2005-2017 気ままに・・・☆7☆ All Rights Reserved.
Template by Il mio diario / Image by web*citron / ヒバナ
Powered by FC2BLOG /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。