スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「君を愛した時間」#10 
ひたすらウォン(イ・ジヌク)がセツナイの巻だったなぁ……。

というか、ハ・ジウォンとイ・ジヌクのおかげで辛うじて(かよっ^^;)見続けられるって感じになってきた(大汗)。
この二人じゃなかったらギブアップしてるよ……(爆)。
どんどんテンション下がる内容になっていくんですけど……?^^;
大丈夫か?

では10話。


1ヶ月間の旅行を終えて帰国したウォン(イ・ジヌク)とチングの結婚式で再会したハナ(ハ・ジウォン)。

周りのチングたちは二人の様子が何かおかしいと言い出すが、平静を装う二人。
さらに、チングから「ハナとチャ・ソフがヨリを戻したこと知ってるでしょ?」と聞かれたウォンはさらなる平静を装って「知ってるよ~!」と。

さらにさらに、ソフと電話で話すハナを見ても、笑顔笑顔で平静を保つウォン。

はぁ~、なんだかひたすらウォンがセツナイなぁー。

1ヶ月前のウォンの言葉を思い出すハナ。

『俺は何があってもお前の味方になってやれるチングとして戻ってくるし、お前は何があっても凛々しいオ・ハナとして過ごすんだ。俺がいなくてもしっかり食べて元気に過ごして……』

その言葉を思い出して笑顔になるハナ。

「チャ・ソフとはどうだ?」
「良いよ。」
「答えが簡潔だな。」

帰り道。

「1ヶ月間、ずっと歩き続けていたの?」
「うん。ずーっと歩いていると俺の息遣いがこの世のどんな音よりも大きいってことに気付いた。」
「自分の息遣いを聞いたらどんなことを考えるの?」
「何かを考えると思うだろ?でも全然、何にも考えないんだ。ただ休みたい、もう歩くのを止めようか、そう思いながらずっと歩くんだ。」
「何それ?あなた、ちょっと変わった……。」
「どんな風に?」
「より男らしくなったとでもいうか。」
「俺は元々男だったけど?」
「違くて。健康に見えるってこと。」
「お前もちょっと離れて見たら、ちょっと違って見えるけど?」
「何が?」
「以前はよくわからなかったけど……こうやって距離を置いてみたらだな…………俺よりかなり背が小さかったんだな。」

なぁ~んとなく、以前とは空気が変わった二人……。



コラボプロジェクトのことでハナのオフィスにやってきたソフ。←公私の区別がなさすぎてげげげー(爆)。
あくあでも「仕事」をし続けようとするハナの元にナヨンからメール。
それは『お客様が選ぶ親切な乗務員』とやらに選ばれたウォンの社報に乗せられた顔写真。
それを見て思わず顔が綻ぶハナ^^
そんなハナの様子にメール相手が誰だか気になったソフは、相手がチングのナヨンであると知ると、今度ナヨンと一緒にご飯を食べよう、と言い出す。
ハナがどうして笑ったのか理由を聞きたいから、と。



同僚たちと飲んだウォンは、酔って「ポゴ~シプタ~♪(会いたい~byキム・ボムス@懐かしすぎる!)」を熱唱してはため息。



やたらと(笑)スキンシップをしかけてくるソフに戸惑い気味のハナ。
それに自分といる時は他の電話に出るなって言ったり、会社まで迎えに来ようとしたるするソフの独占欲にハナはちょっとお疲れモード?(笑)

私は見ていて大いにお疲れモードだけども!(爆)



ハナとソフがピアノ公演を一緒に見ているのを目撃したソウンはウォンに「先輩も片想いでしょう?」と。
そして、もし先輩がハナオンニのそばに友達としているのなら私もそうします、後輩としてでも先輩のそばにいさせてください、と。

いやいや、この子、ほんっとに諦め悪いっつーかなんというか……^^;
あんだけ今まで「NO」と言われてきてるのに……(汗)。
ドラマの設定とは言え大変だな^^;

そして今回もウォンの答えはNO!

「イ・ソウン、そんなことするな。」と。



スーパーで偶然会った二人。
ハナは自分が欲しがっていた品切れのワインがウォンのカートに入っているのを見つけて、何とかしてそれを奪おうとする(笑)。
そしてワイン争奪戦になる二人。

なーんか、ちょっとここは以前の二人の戻った感じでほっこり♪

帰り道に雨宿りしながら缶ビールで一杯の二人。

「チャ・ソフとはうまく行ってるんだろ?」
「当然でしょ~!あなたとこうしているとチキン思い出す。」
「おい、俺を見てチキンしか思い出さないのか?」
「そうよ。あなたがいないからチキンを食べることもないし、アジトに行くこともないし。……私、年取ったみたい。」
「それに今気が付いたのか?今更何を。」
「以前はときめくのがとても好きで他のことを見られなかったのに、今はそれがとても重い……。もう心臓が鈍くなる歳になったと思ったのに、簡単じゃない……。」
「それでも心臓がドキドキするっていうのは良いことだよ。」
「それでまた前だけ見て一生懸命になるの、呼吸調節必要なのに。」
「失敗するかと思って心配しているのか?」
「いいえ!そんなわけが!」
「オ・ハナらしく最後まで推し進め!」

そう言ってハナを励ますウォン。

「本当に一度もアジトへ行ってないのか?掃除でもしろよ!」
「私だって忙しかったの!」

と、最後にはいつもの二人~。



ミヒャンに「気持ちをぐっと抑えて1ヶ月旅行に行ってきて、すぐに友達として過ごすのがどうしてそんなに簡単なの?」と聞かれたウォンは……

「……簡単だと思うか?簡単じゃないよ、努力してるんだよ……。」

と……。



ソフと一緒に中国出張に行くことになったハナ。
で、その飛行機にウォンが乗務というすっごい偶然@ドラマだからね~。

気持ちを押し殺して笑顔で接するプロフェッショナルなウォン。
だけど、一人になった瞬間にため息……あぁ切ないよぉ……。

つーか、どこでも手をつないだりと、ハナに触りたがるソフをどうにかしてくれっ!!(-_-;)

あと、ソフと話しながら「あははは~!」」ってめっちゃ楽しそうに笑うハナ、という演出にはどうしても違和感しか感じない(大汗)。
いくらヨリを戻したからと言って、ソフとそんなに心置きなく笑い合える仲にまでなったのかい?^^;

そしてハナのそんな笑顔を見て、良しとするようなウォンがこれまたセツナイし……。



ウォンを含めたハナの友人たちを集めて一緒に食事をしよう、と言い出すソフ(←どういう神経してるんだ?)にハナは、周りの人たちがソフっしを受け入れるのには時間が必要、と。
それに対して「何が問題なんだ?」って聞くソフってどうなの?(-_-;)

「私はソフっしを愛してるわ。(←全然そうは思えないけどー爆)でも、私の周りの人たち皆がソフっしを認めるとは思わないで。」
「俺が認めてもらわないといけない人間なのか?」
「それならどうして友人たちに会おうって言うの?」
「お前に関係することや人たち全部を知りたいから。」
「それはソフっしのやり方でしょ。」
「何だろうと、お前のために努力してるんだろ。」
「それなら待つ努力もして。私は以前ソフっしと付き合っていた私とは違うの。だからソフっしも昔とは変わってほしい。」
「あぁ。」



ソフはウォンに「俺たち、友達にならないと。お前とオ・ハナの仲みたいな友達に。」と。
お前とハナがどれほど仲良く過ごしているのか俺も一緒に過ごそう、と。

はぁ~?
何なのコイツ!なんかもうほんっとどうにかしてくれー(爆)。


「お前は本当に自分のことしか考えてないんだな。」と呆れるウォン。
「ハナとの問題で俺を第3者にするな。」
「お前がハナとどう過ごそうが興味ない。」と背を向けるウォン。



ハナがソフとヨリを戻したことをしったハナ両親は大反対@そりゃそーだ!

そしてそのことでハナ父はウォンを責めるんだよね。←わけわからん(-_-;)
どうしてハナがソフとヨリを戻したことを話さなかったのか、とか、どうして止めなかったのか、とか。
しまいには、どうしてもっと早くにハナを掴まえなかったのか、今まで何をしていたんだ?とまで言い出して責めるアボジ。
で、最終的には「もうお前はうちに来るな。」と。

はい!?!?
何でそうなるの?
どうなってんの、これ……(大汗)。




一方のハナはソフから「愛してる」とのメールにため息ついちゃってるし。
かと思えばピアノ弾きながら仲良くしてるし。
かと思えば、二人のツーショット写真をソフが勝手にSNSにアップすると怒って帰っちゃった~と思えば後から「写真かわいい。明日遊びに行く?」って言い出したり。

でもため息ついたりで・・・・なんかハナ迷走してる・・・・・大丈夫かー?



ハナとウォンは大学の卒業写真を二度撮っているようで。
というのも、ハナの提案で、高校卒業に続いて大学卒業も一緒に写真を撮ろうってことに。
で、高校は当然一緒に卒業するからいいものの、大学は兵役があるから二人の卒業の時期がずれるんだよね。
で、先に卒業したのがハナでその時軍服で駆け付けたウォン。

かわいいーなー♡

一方、二年後、兵役を終えたウォンの卒業式には社会人になっていたハナが駆け付ける。

こういう二人をもっと見たーい!!(つーか、後ろの満面の笑みの男性が気になる・・・・笑)

それにしても、こんな風に互いの卒業式に駆け付けて一緒に写真撮るなんて……
まるで恋人じゃーん(笑)。



ぎっくり腰になったハナ母の代わりにハナ家の掃除を手伝うウォン。
あれ?ハナ父に「来るな!」言われてたけど、結局またフツーにハナんちに出入りしてご飯も食べてるー(笑)。

で、なんでその後二人で外歩いてたんだろ?
散歩?
家隣なのに!(笑)
なんとなくぎこちない空気でウォンが「俺はビール買って帰るから先に帰ってろ。」とハナに言うんだけど、その後でハナを呼び止めて、笛を投げるウォン。

「オ・ハナ!お前にやるよ。旅行の間、俺を何度も助けてくれた奴なんだ。救助要請するのにかなり効果があるぞ!」

するとその笛を吹くハナ。

「なかなかいい音だね!」

楽しそうに嬉しそうに何度も何度も吹くハナ。
そして笑い合う二人@あ~久しぶりに二人で大笑いしてる~♪

二人の笑顔に癒される~♪

と、思ったら……
その頃、ハナの家にはソフがやって来ていて……つづく。

げげげー(-_-;)



エピローグ。
ウォンの大学卒業式。

「お前、どうして来たんだ?今日出発する日じゃなかったか?」
「私の人生においてあなたより研修が重要なわけないでしょ~。」
「お前そんなことして会社をクビになったから責任取れって言うんじゃないだろうな?」
「ちょっと!それがパリを諦めて来たチングに言う言葉?あ~もったいないパリ~。次回、また行かせてくれるよね(泣)。」
「俺が初任給もらったらお前にパリ行きのチケット買ってやるよ。」
「本当?約束だからね!」
「当然だろ~。だけど、今回行けなかったら3年待たないといけないって言ってなかったか?」
「3年遅れたからって私の運命が変わる?」
「そうだよな。変わらないよな。」

『私たちが一緒にいるための選択が、今私たちが一緒にいられない選択になることを、あの時はわからなかった……』

エピローグおしまい。

ふぅ……。
関連記事
Comment To This Entry
   非公開コメント  
Kimamani・・・^^
◆過去記事への拍手等、本当にいつもありがとうございます^^
ずっと前のドラマへの拍手コメもすべてありがたい気持ちで嬉しく読ませていただいております♪そしてそのたびに、当時の熱い(笑)気持ちを思い出したりもしてます(笑)。



ここ↑へのコメントはこちらに♪
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Profile

mari

  • mariと申します^^
  • 韓ドラの視聴感想などを気ままにマイペースで書いてます。
    んが、韓国語理解力はへぼへぼなため意訳しまくり&解釈違い多々ありの可能性大です^^;

    ※コメントは承認制となっておりますので投稿後すぐには表示されません。
    尚、不適切・不快なコメントは削除させて頂きます。

    ※ドラマ感想記事に関しては各記事より後の回のネタばれコメントはご遠慮いただきますようお願いします^^

    ※画像等の版権は各出処のサイトにあります。
Search
*******
CopyRight © 2005-2017 気ままに・・・☆7☆ All Rights Reserved.
Template by Il mio diario / Image by web*citron / ヒバナ
Powered by FC2BLOG /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。