スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「君を愛した時間」#16(最終話) 
ひっさしぶりのリアル韓ドラ「ノサシ」無事完走~!(ホッ♪)
よく頑張った私!(笑)

それにしても……
素晴らしき(?)……

バカップル!!!!(笑)

隙あらば……

イチャイチャイチャイチャ(笑)

……まったくもうっ♡……と何回言ったことか(笑)。

というか、役だとは言え、二人ともほんっとうに楽しそうに撮影してるし(笑)。

途中ギブアップしそうになった時、ハ・ジウォンとイ・ジヌクの二人の本当に楽しそうな現場メイキング映像に、本当の本当に救われました!
あれがなかったら中盤で見るのやめてた!@きっぱり!(爆)

この↓写真、ハ・ジウォンがイ・ジヌクの背中にもたれて台本膝に置いたまま眠っちゃっているような、そんなリラックスモードに見える^^(実際はどうなのかわからないけど……)

ふふふ♡
かわいい♪

では最終回の16話。


仕事がハードでお疲れのハナ(ハ・ジウォン)。

あまりにもお疲れのせいでこの↓状態(笑)。

ウォン(イ・ジヌク)の背後霊?(笑)

ウォンの背中にずーっと……

べーったり&ぴとっ!(笑)

ちょっとは離れろ、というウォンに疲れた私を癒して~と駄々をこねるハナ(笑)。
でもこのまま階段登ったら二人して転んでけがするぞーってウォンが言うと

「怪我すればいいじゃん!一緒に怪我して、一緒に病院行って、一緒に寝てればいいじゃん!」とハナ。←今回はハナがお子ちゃま?(笑)

そんなハナを掴まえて~


そのままソファーにダイブして二人が戦って(笑)いると~


ミヒャン帰宅(笑)。

こりゃ気まずいわ、どっちも(笑)。

「……何してるの?あなたたち……。」
「!!オンニ!」
「ちょっとあなたたち、あまりにも本格的なんじゃない?」
「そうじゃなくて―」
「私、とても衝撃的だわ……。また出て行こうか?いやいやいや、胎教に良くなさそうだから、私、また出かけるわ。していたこと続けて、どうぞ……。」

と、すっかり勘違いして出て行ってしまうミヒャン。

「どうするのよ?」
「何をどうするんだ?していたこと続ければいいんだろう?」

と、言ってまたハナにキスでもしようとするウォン(笑)。

「ちょっと!これからどうやってオンニと顔合せるのよ。オンニがいない間、私がずっとここにいたって思われるじゃない。」
「その通りじゃないか。」(え?そうだったの?笑)

そしてハナにクッション投げつけられるウォン。


怒って去ろうとするハナをまた掴まえるウォンなんだけど……

ハナ、笑っちゃってるしー(笑)。
喜んじゃってるしー!(ふふふ^^)
ま、ラブラブだもんね!♡

で、再びイチャイチャー(笑)。

はいはい、どうぞお好きに~♡笑)
まったく……バカップルめー!!!!♡♡♡



ナヨンからの知らせでハナは弟テボクがウォンのシナリオを基に「絶対に君を愛することはない」というWEB漫画を描いていたことを知ることに。

ちょっとちょっと!
テボクさんよ、盗作じゃんか、それ!(爆)


つーか、それよりも、ウォンとハナにしてみたら、その漫画によって今までのことが全部家族や世間に知られちゃって恥ずかしいんじゃ?日記、見られたようなもんでしょ?^^;(←でもそこは問題になってないところが不思議だ^^;)

しかも、ウォンなんて「よく描けてる」なんて感心してるし!(笑)



最近、仕事にばかり夢中になっているハナはウォンとの約束の変更もうっかり忘れちゃうほどに。
そんなハナにウォンが「ワーカホリックは病気の一種だぞ。」と言う。
それで二人喧嘩勃発。

「何よっ!?病気?残業して会社の飲み会に出席したからってそれが病気なのっ?」
「そうだ!それで俺といる時に疲れただの言って、お前最近俺と外で時間過ごしたことあるか?」
「働く彼女のためにそのくらい理解できないの?」
「適度にしろって言ってるんだよ。いったいお前にとって何が優先なんだ?」
「私の仕事する姿が好きだって言ったでしょ!嫌だなんて知らなかった!分かっていたら仕事する姿絶対見せなかったのに!!」

等々、お互い意見譲らずで本格的(?)喧嘩に突入~。



でも会社での元彼夫婦の仲睦まじさを見たりして、ハナはスマホの待ち受けのウォンを見て笑みを浮かべちゃったりして^^

ちゃっかり二人のツーショットになってるし~♡



しらばく連絡のないウォンを気に掛けて、ウォン宅を訪れるハナ。
でもウォンは相変わらず仏頂面(笑)。
そんなウォンに、

「……あなたの言葉聞いて考えてみたんだけど、最近ずっと私仕事ばかりしていた……。」

と自分の非を認めるハナ。
ハナは仕事で最近後輩たちが良いアイデアを出してきたりして、ちょっと立場的に焦ると言うか素直にそれを喜べなくてちょっと複雑なんだよね。

それなら俺はますますハナの関心から遠ざかるんだな、と拗ねるウォン(笑)。

拗ねるウォンをなだめるハナの図(笑)。

「違うよ、そんなことないよ。違うって。」
「……ただ、仕事よりも大切なことがたくさんできたってことを忘れるな。」

と拗ねたまま行っちゃうウォン。

ウォンがこんなに拗ねキャラだったとは!(笑)

「あなたを絶対一人にしない」って言っていたハナを思い出しては「……ちっ、そう言っておきながら……」と不貞寝ウォン(笑)。

と、そこにハナから電話があり窓越しに話す二人。

「話して見て。あなたの怒りが収まるまで私にしてもらいたいこと。」
「まず、謝れ。」
「ごめんなさい。」
「それから俺がいちばん聞きたい言葉を言ってくれ。」
「私にとって優先順位が仕事よりも、チェ・ウォンだってこと。」
「……^^」
「!怒りが収まったの?」
「ちょっとな。」

で、めでたしめでたし、仲直り♡



ハナ宅にやってきたウォンは花束をハナ母にプレゼント。
そして2階にいるハナに会いに行こうとするとハナ父から「1分以内に降りてこいよ。」とお達しが(笑)。

ウォンは、意識が回復した母親がプレゼントしてくれたワンピースをハナに。
でもそれはハナの趣味ではないから気持ちだけ受け取ってくれて、気に入らなければ着なくても良いから、とウォン。

そしてまたハナにくっつくウォン(笑)。

まったくもー♡♡(笑)

ハナの部屋に自分と関連した物がいくつあるか確認したウォンは、それが朝に弱いハナのために買った目覚まし時計、笛とネックレス、シナリオ、アイクリームだけと知り、

「うーん、反省しないと。初めて買った時計をプレゼントしてから10年以上経っているのに、毎日好きだとばかり言っておいてお前にちゃんと何一つしてあげてない。」
「それの何が重要なの?いつもそばにいてくれたのに。」
「ううん、違う。お前の部屋に俺の存在感がこれほどまでにないとは。」

と、ここで階下のアボジから「1分経ったぞー!」と(笑)。



ハナ母が作ってくれた料理を見ただけで大喜びするウォンにハナ母も大喜び^^
そこに例のワンピースを着て登場したハナ♪
ウォンがすっごく嬉しそだった~♪嬉しいよね~そりゃ^^

そしてウォンが

「アボジ!僕、アボジと暮らします!」

といきなり宣言。
続けて

「オモニ!愛しています!」

と。
そしてハナの手を取って

「ご両親の息子として、ハナの夫として、僕は一生老いて行きたいです!」
ハ「ウォナ、あなた何してるの?」
父「ウォナ、お前今俺たちにプロポーズしているのか?ハナにしているのか?」
「両方です!」
母「一緒に暮らしたい人はアボジで、愛している人は私で、それならうちのハナはなぁに?」
「ハナは、ただ、僕のものです!!」

だって~(笑)
そして驚いたままのハナに

「だろ?お前は俺のだろ?違うか?」
「…………だよ。」ってしっかり認めちゃってるハナ♡

と、そこへ大慌てでやってくるテボク。
どうやら例の漫画が人気で版権契約の話がどんどん舞い込んで来ているらしい。
で、ハナとウォンがインタビューを一度だけ受けてくれたら映画版権も売れるとか。

ウォニは快諾するけど、ハナは拒否!

そんなハナにテボクが条件を。
版権獲得できたら80%あげる、ただし、二人が結婚したら、と。

「それならちょうだい!私、結婚するんだから。」
「え?本当に結婚するの?」とのテボクの言葉に我に返るハナ(笑)。

そして思わずそう言っちゃったハナに一同びっくり(笑)。

そして「お前、結婚するって言ったぞ。YES!」と喜ぶウォン。

なんちゅープロポーズ返事の展開(笑)。



アジトにて。

「結婚しようって話、お前が先にしたんだぞ。責任とってくれよな。」
「私たちが結婚するだなんて、一度も考えたことなかった。」
「俺はある。」
「いつ?」
「高3の時。オンマが去って、一人残された家の灯を初めてつけてくれたのがお前で、お前が一緒に勉強してくれなかったら俺が大学なんて行けたか?あの時初めて『あ~、この友人と暮らしたい』って思ったんだ。お前は本当にないのか?」
「いつの間にか私の後ろ、私のそばにいるあなたが当たり前で、ただ振り返ればいつもいたの、あなたが。」
「そうだったか?」
「……私、明後日出張に行くの。」
「何だよ、俺、ちょっとでも離れているの嫌なのに。」(←まったくもうっ♡)

「痛いって。」
「何が痛いの。」
「知らない。」

と、背を向けていじけるウォン(笑)。

「……あなた、そういうところほんっとーに幼稚!」

ほんとほんとー!(笑)

「……お前、それでも俺のこと好きでたまらないだろ?」
「うん。好きでたまらない♡」

で、イチャイチャ~(笑)。
はい、バカップル♡♡♡(笑)

それにしても、このシーン、どうして正面アップからにしてくれなかったんだー!
メディア向けスチールはちゃんと正面アップだったのに!!(笑)



ヨーロッパツアー中にちょっと帰国したソフに久しぶりに会ったハナ。
気楽に笑うハナの笑顔を見て安心したように喜ぶソフ。

「今度、偶然会ってもぎこちなくならないように、今日みたいに、気楽にコーヒー飲もう。」
「うん、そうしよ。」

そう笑顔で話す二人。
…………結局3年前の事とか、ソフとミン代表やら他のスポンサーとのスキャンダルの真相とか、ウォンが目撃したソフ浮気疑惑とかどうなったんだろ(爆)。
あやふやなまま、というか、ソフすっかり丸く良い人になって終わり、だな。

ま、いっか。
ハナとウォンが幸せなら!(笑)




出張のため飛行機に搭乗したハナ。
すると、本来フライトスケジュールのないはずのウォンがそこに。
ハナが出張地に行くまで直接お供するためにスケジュールを変えたというウォン。
そして……

「俺と、一生一緒に遊んでくれ。」
「……良いよ。一生遊んであげる。」

プロポーズ&ハグ―♡
ウォンがめっちゃ嬉しそー♪←仕事中なはずだけどね!(爆)

そして記念撮影する二人。

……何度も言うけど……仕事中だけどね!(爆)
でも良いの!
かわいーから!!!(笑)

ほーら、かわいー♡♡♡


お似合い~♪

そしてこれがいっちばん好きー!!!!!

たまらーん♡♡♡



インタビュー取材で、結婚についての意味を一言で、と言われたハナは、

「……友達と友達の家で一生一緒にくらすこと。」

と。
そして微笑み合う二人……

はい、ラブラブっ♡



そして……結婚式♡

ウォンの選んでくれたウェディングドレスを着て、二人のお家の前で挙式♪
お似合い&かわいすぎるー♡

『不器用で正直になれずに、互いに傷つけつらかった時間たち……。その時間たちは、この道の上にある……。』

ハナ父からハナの手を引き継いだウォン。

「行こう!お前が暮らす家に!!」

そう言ってウォンの家に向かう二人。

『……私たちにはどんな形式も準備も必要なかった。私たちが数多く行き来したその道に従って私の家からウォニの家に入っていくことで、私たちの短い結婚式は終わった。』

「幸せに暮らします!」

と皆に宣誓してキスして微笑み合う二人。

どうぞ末永~くお幸せに♡

アンニョ~ン♪

って、これで終わらないところが「ノサシ」のすごいところ(なのか?笑)でありまして~

まだまだ続くのです!
ふふ♡

ウォニの家に入ってくると、それはそれはラブリーな飾り付けが(笑)。

「じゃーん!馴染んだ場所が馴染みない所になったけど、どうだ?」と意気揚々のウォンだけどハナは

「……別に変ったところないけど?」(コラッ!ハナ^^;爆)
「何?」
「あなたもそうだし。」
「今日からガラッと変わる姿を見せてやろう!」

で、またイチャイチャー!(笑)

「私たちが本当に結婚だなんて。」
「俺はオ・ハナと結婚したぞー!万歳!」とはしゃぎまくるウォン(笑)。
「ちょっと落ち着いて!……ウォナ、もしも私がものすっごく怒ったり、あなたをものすっごく怒らせたら、お互いどうやって怒りを静めることにしたんだっけ?」
「まず、悪かった人が相手の怒りが静まるまで最善を尽くして努力すること。」
「努力の後には、プレゼント、愛嬌、商品券!」(なんじゃそりゃ!笑)
「商品券もあったっけ?」
「ものすっごく重要よ!時には愛よりも慰めになることがあるの。」
「OK。」
「それから独りだけの時間を認めること。」
「独りだけの時間がどうして必要なんだ?」
「独りで考えたり、独りで音楽を聞く時間、そういう時間があってこそ相手をより愛することができるのよ。」
「ダメだ!俺はそれはできなさそうだ!約10年後くらいならできそうだけど。ひとまず、俺がいちばんしたいことをさせてくれ。」

チュッ♡(笑)
ハナ……顔がデレってるし!(笑)@バカップル♡

そして互いの薬指にマリッジリングを♪

「オ・ハナはチェ・ウォンを夫に迎え、一生愛し、慈しみ、生きていきますか?」
「はい。……チェ・ウォンはオ・ハナを妻に迎え、死ぬまで、死んだ後も独りだけを愛しますか?」
「はい!でも、ちょっと段々強度が強くなるな?よし!オ・ハナは死ぬまで、死んだ後も、また生まれ変わってもチェ・ウォンだけを愛しますか?俺は誓える!」
「私も!」

この……バカップルめー!!!♡♡♡(笑)

で、キスっすね!

はいはい、もうお幸せにどうぞどうぞ~♡
つーか、最近この二人キス(シーン)ばかりしてないかい?(笑)

『……とても馴染みのあるこの場所で、私たちは努力しないといけない。新しい瞬間と幸せを満たしていくために……。』



【8ヶ月後・夏】

毎朝、朝から大声で歌を歌うウォンに「静かな朝を迎えたい!」と怒るハナ。
するとウォンは、ハナがいっつもウォンの足の上に自分の足を乗せて眠るから(笑)、おかげで俺の足はいっつも痺れる!と逆襲(笑)。

ハナが化粧をしていると、ぬぅ~っと現れてはシワがどーのとか口紅の色がどーのとかあれこれ言っては怒られるウォン(笑)。
でも、ハナは怒りつつも、最後には笑っちゃうんだよね♪

ウォンは、ハナのために朝御飯の支度をしてあげて~
ご飯食べる時間のないハナにジュース飲ませて~
靴も履かせて~
玄関でお見送りして~

で、ハナは行って来ますのチュッ♡をして~

はいはい、なんだかんだと結局は……
ラブラブっ♡



ある日、来るべきものが来ていないことに気が付くハナ。

仕事は順調で昇進もできるかも~っていう大事にな時に、予想だにしていなかった妊娠かも説に戸惑うハナだけど、ウォンは大喜び!

「息子か、娘か?」

って気が早すぎだっつーの!(笑)
まだ病院にも行ってないし、つか妊娠してるのかもどうかまだ確定してないのに!(笑)



その頃、ミヒャンは無事出産してかわいい赤ちゃんが。
その赤ちゃんの写真を見ながらハナがウォンに言う。

「ウォナ、考えて考えて考えたんだけど、やっぱり私、私たちの子供のこと。私が片方の手を繋いでいる時、あなたのもう片方の手を掴んでくれる子、同時にあなたの背中に負んぶされる子、あなたの前に抱かれる子。私はちょうどそれくらいの家族を作りたいんだけど、大丈夫?」
「それなら、全部で何人になるんだ?」
「あの時、言ってたじゃない。これから証明してみろって。あなたと私に似た子供を産むことで私の愛を証明してみる。これからものすごくうるさくて慌ただしくなると思う。そしてそれくらい私は大声を出して、瞬間瞬間耐えられずに怒るかもしれない。」
「大丈夫だよ。それら全部、俺が手伝うから。」
「今はまだ怖くて、すべてが漠然としてる……。」
「大丈夫、心配するな。ありがとう、ハナや。本当にありがとう。」



両親におめでたを報告をする二人。

デレデレっ♡←見えてないけど手もギュッとつないでるしね!(笑)

そして感謝の気持ちを込めて、両親に指輪のプレゼント。



妊娠したハナは、前向きな気持ちで仕事を後輩に任せ、自分はサポートに回ることに。



ソウンはウォンの後輩君(←最後の最後まで名前不明なまま、覚えきれず^^;)と良い感じ~な展開に@無理矢理まとめた感アリアリ^^;
つーか、ソウンの後半の扱いがかなり可哀相だったなぁ……と思ったりも……。



ソフから公演チケットを受け取ったハナは、メッセージ付きの花束をソフへ。

『素晴らしい公演を期待してるね オ・ハナ』



仕事が遅くなったため、夕食の約束を守れなかったことが発端で喧嘩になった二人(笑)。
それをきっかけにお互いに不満爆発で言いたい放題!

で、ハナは荷物をまとめて実家へ帰りますっ!!的な(笑)。←ま、実家隣だけど(笑)。

娘が実家に帰ってきても知らんぷりーんなハナ両親。

と、すぐに後を追ってくるウォン(笑)。

で、あっという間に仲良く手を繋いで実家を後にする二人。

……どんだけバカップルだよっ!(笑)ふふふ♡♡♡

そしてなんだかんだ言いながら仲良く自分たちの家に帰る二人。


『逃れられない長い友達から夫婦になっても、たくさん喧嘩して仲直りして憎んで、愛することを繰り返す……。もらった分と同じくらいの愛を与えることができてこそ、その愛の大きさを維持して行けるということを学んで自ら実現している……。』


この後ろ姿の二人、好きだなぁ~^^



フライト帰りのウォンを出迎えるハナ@メッセージボード持って。

『私は毎日あなたを恋しく思いながら待っていました。サランヘ!ONE TO ONE!』

「ONE TO ONE?何だこれは?」
「ハナからウォン。ウォンからハナ。」

そんなハナにキスの嵐のウォン(笑)。
そして共に歩き出す二人。


『そうやって平凡な日常が誰かによって特別な一日になる魔法が私の中で、私たちの中で、毎日起きている……私たちが愛し合っているが故……。』



THE END♡




もうこれでもかーっていうくらいのテンコ盛り具合の最終回!(笑)
結婚式だけじゃなく、その後の二人も描いてくれて大満足の最終回でしたっ!

バカップル万歳っ♡(笑)

おまけ(?)で、最後はちょっとあれこれ写真を。
まずは以前ハ・ジウォンがインスタにアップしてくれた弟役イ・ジュスンとのツーショット。

弟テボクキャラおもろくて好きでした^^←感想記事ではほぼスルーしてしまったけど(爆)。

お次はスタッフさん(と思われる)も交えて3人でのショット。


そして集合写真。

なんだか本当に結婚式での集合写真みたい^^

そして撮影&放送終了後の打ち上げ時の様子。

ハナとウォンのまんまっ!(笑)

続けて、ハナの職場の皆さんと。

もちろんウォンも♪

そして最後は……
ハ・ジウォンが最終回後にご自身のインスタにアップしてくれた写真♪

くぅ~♡
ま、もっとクリアな画像でアップしてほしかったなーなんて思わなくもないけど(@贅沢を言う!(笑))オフショの二人の様子をアップしてくれてとっても嬉しい!^^

ということで、これにて「ノサシ」はおしまいです……。

途中、ほんっとに見るのがしんどくて(大汗)、さらにはそのうえ感想記事書くのももっとしんどくて(爆)マジで途中ギブアップしようかと思ったこともあったけど、無事、最後まで完走できて本当に良かった(ホッ)。

今まで「ノサシ」記事に拍手やコメで反応してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました♪
一つ一つの反応がとっても、とーっても嬉しかったです^^

感謝しております♪

おしまいっ!
関連記事
Comment To This Entry
   非公開コメント  
Kimamani・・・^^
◆過去記事への拍手等、本当にいつもありがとうございます^^
ずっと前のドラマへの拍手コメもすべてありがたい気持ちで嬉しく読ませていただいております♪そしてそのたびに、当時の熱い(笑)気持ちを思い出したりもしてます(笑)。



ここ↑へのコメントはこちらに♪
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Profile

mari

  • mariと申します^^
  • 韓ドラの視聴感想などを気ままにマイペースで書いてます。
    んが、韓国語理解力はへぼへぼなため意訳しまくり&解釈違い多々ありの可能性大です^^;

    ※コメントは承認制となっておりますので投稿後すぐには表示されません。
    尚、不適切・不快なコメントは削除させて頂きます。

    ※ドラマ感想記事に関しては各記事より後の回のネタばれコメントはご遠慮いただきますようお願いします^^

    ※画像等の版権は各出処のサイトにあります。
Search
*******
CopyRight © 2005-2015 気ままに・・・☆7☆ All Rights Reserved.
Template by Il mio diario / Image by web*citron / ヒバナ
Powered by FC2BLOG /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。